おつまみ

【149kcal】セブンの『豚ロース生姜焼』はダイエットにおすすめ!

柔らかく仕上げた豚ロース生姜焼

セブンイレブンの『柔らかく仕上げた豚ロース生姜焼』は高タンパク質、低脂質、低糖質の低カロリーで、ダイエット中にもおすすめのご飯です。

レンジで温めると美味しく食べれて、職場に持っていくランチにも最適です。

セブンの『柔らかく仕上げた豚ロース生姜焼』とは

2018年11月06日リニューアル!

高温で香ばしく焼き上げた、やわらか仕上げの豚ロース生姜焼です。もみたれ、つけたれ、仕上げたれの三段たれ仕込みで味付けしました。そのままレンジで温められ、ランチやおつまみにおすすめです。

セブンプレミアム向上委員会

豚ロース生姜焼きはセブンプレミアムのチルド商品です。セブンイレブンのお惣菜がある冷蔵ケースに置いてあります。

セブンイレブンには、豚ロース生姜焼きがあるのですが、今回紹介するのは、トレーに入っている冷蔵タイプの生姜焼きです。

ほかにも、チルド商品で、袋に入っている豚ロース生姜焼きもあります。もしかしたら、トレーのものに切り替わっているかもしれませんが。

袋に入っている生姜焼きも食べたことがありますが、袋をレンジで温めると、うまく全体が温められないのか、一部は焦げたりしてしまいました。

その点、トレータイプの商品は、均等に温められたので、断然トレーのほうがいいです。

あとは、冷凍食品で、『生姜とはちみつの風味豊かな豚の生姜焼き』というのもあります。この冷凍食品に関しては、豚肉に豚バラ肉を使用しているので、その分カロリーが高くなり、ダイエットにはオススメではありません。

セブンの豚ロース生姜焼のカロリーと糖質

豚ロース生姜焼きは149キロカロリーで、糖質は6.2gです。

詳しい栄養成分は以下のとおりです。

豚ロース生姜焼の栄養成分表示
エネルギー 149kcal
タンパク質 19.1g
脂質 5.1g
炭水化物(糖質+食物繊維) 7.3g

タンパク質がとても高くて、ほぼ20gあります。一方で、脂質は5g程度。

なかなかこのバランスの商品はあります。

もちろん、サラダチキンと比べてしまうと、サラダチキンのほうが高タンパク低脂質ですが、サラダチキンばかりでは飽きてしまうし、なにより生姜焼きのほうが美味しいです。

ちなみに、セブンの『レンジで豚の生姜焼き』の栄養成分は以下のとおりです。

レンジで豚の生姜焼きの栄養成分表示
エネルギー 367kcal
タンパク質 14.1g
脂質 31.6g
炭水化物 5.5g

レンジでチンする生姜焼きには、豚バラ肉が使用されているので、脂質が高くなり、カロリーも高いです。

ダイエット中であれば、豚バラ肉よりも低カロリーな豚ロース肉の生姜焼きがオススメです。

セブンの豚ロース生姜焼き(3枚)を食べた感想

実際に食べた感想を紹介します。

まず、作り方はとても簡単です。

パッケージの記載通りに、点線までフィルムをはがしてから、電子レンジで温めます。

500Wであれば約1分20秒、700Wなら約1分10秒とのこと。

トレーをレンジで温めるだけなので、袋タイプのように底を広げたりだとか、蒸気口がどうのうこうのように、手間がかからないのがとても楽ちんです。

そして、待つこと一分ほどで出来上がります。

生姜焼きのめちゃいい匂いがします。

厚さもそれなりにあります。

ペラペラではありません。しっかりと食感があります。けど、柔らかい豚肉です。

生姜焼きのたれもたっぷりなので、お肉にまんべんなくつけられます。

タレがぴかぴかに光ってる。

お米が進む味付けで美味しいです。

豚ロースなので、柔らかいけど脂身は少なめで、これのおかげでカロリーが低いんだろうということがわかりました。

豚ロース肉は合計で3枚入っています。100gということなので、ランチにはぴったりの量でしょう。これにおにぎりがあれば十分です。

【カロリー別】ダイエットにおすすめのセブンの商品一覧セブンイレブンの商品で、ダイエット中におすすめのものを紹介します。 商品ジャンル別でカロリーの低い順にまとめました。 セブンにあ...
こちらの記事もおすすめ!