パン

【63kcal】ローソンの『ブランパン』はダイエットにオススメ!

ローソンのブランパン

今回は、ローソンのブランパンを紹介します。

菓子パンにも惣菜パンにもアレンジ可能で、おいしく食べることができる低糖質のロールパンです。

1個あたり63キロカロリーで、糖質は2.2gです。

糖質制限ダイエット中のメインに食べるパンとしていろいろアレンジしてみてください。

また、糖質10g以下のロカボパンをまとめました。

糖質制限中におすすめの低糖質パンについて、まとめて知りたい方はこちらからどうぞ。

【糖質10g以下】糖質制限に!ローソンの低糖質パンまとめ【随時更新】

ローソンのブランパンとは

ローソンのブランパン

穀物の外皮を使用したブラン生地をしっとり焼き上げました。シンプルに生地だけで仕上げた食事パンです。

ローソン

ローソンのブランパンの原材料や添加物などは以下のとおりです。

ローソンのブランパンの原材料
原材料 ミックス粉(植物性たん白、大豆粉、オーツファイバー、イヌリン、オーツブラン、小麦ふすま、シトラスファイバー、エリスリトール、殺菌乳酸菌)、植物油脂、卵、豆乳、蜂蜜、パン酵母、ぶどう糖、小麦粉、発酵調味料、食塩、乳等を主要原料とする食品/加工デンプン、糊料(増粘多糖類)、酢酸Na、メタリン酸Na、(一部に乳成分・卵・小麦・オレンジ・大豆を含む)

価格は120円(税込)です。

ちなみに、2個入り以外に4個入りも売っていますが、4個入りだと230円(税込)なので、少しお得になります。

ローソンのブランパンのカロリーと糖質

ローソンのブランパンは1個あたり63キロカロリーです。

糖質は2.2gとのこと。

詳しい栄養成分表示は以下のとおりです。

ブランパンの栄養成分表示
エネルギー 63キロカロリー
たんぱく質 5.7g
脂質 2.3g
炭水化物 7.6g
ー糖質 2.2g
ー食物繊維 5.4g
塩分 0.3g

ローソンのブランパンの口コミと評価

ブランパンにチョコレートをはさむアレンジ。

チョコレートも少しであればたいしたカロリーにはなりません。

たまには甘い菓子パンを食べたくなりますからね。そんなときはブランパンをアレンジしちゃいましょう。

糖質制限中のブランパンを組み合わせたランチ。

イカと卵でたんぱく質、チーズで脂質が摂れてバランスが良さそう。

「チョリソーはブランパンに挟みます」

チョリソーとブランパンのウインナーロールですね。

ブランパンだけだと食べづらいかもしれませんが、チョリソーを挟めばおいしく食べれそう。

「LAWSONのブランパン(糖質2.2グラムのやつ)とLAWSONの糖質半分アイスのフレンチトースト」

これは賢い。

ブランパンでフレンチトーストというのは見かけますが、そこに組み合わせるアイスもなんと低糖質のSUNAOのものってすごい発想力です。

フレンチトーストにトッピングされているのは、抹茶のSUNAOでしょうか。

本格的な抹茶の苦味がおいしい低糖質のアイスです。詳しくは、こちらをごらんください。

【80kcal】SUNAOの『抹茶&クランチ』はダイエットにオススメ!

ローソンのSUNAO 抹茶&クランチ
【80kcal】SUNAOの『抹茶&クランチ』はダイエットにオススメ!今回は、ローソンで買える、SUNAOの抹茶&クランチを紹介します。 抹茶の香りと苦味が本格的な、低糖質低カロリーの抹茶アイ...

ローソンのブランパンを食べた感想

ローソンのブランパン

ローソンのブランパンの見た目。

ロールパンみたいです。

半分に割ってみるとわかりますが、空気がたくさん含まれているみたいです。

そのおかげか思ったよりもしっとりふわふわの食感で少しびっくり。

ローソンのブランパン

香りはブランパンの独特のあれ。別に臭いわけではありませんが特徴的です。

香ばしい穀物といった感じでしょうか。

ただやっぱり味はブランパンでおいしくはないので、黒ごまジャムをつけて食べました。

黒ごまジャムとローソンのブランパン

うん、ジャムうまい。

ブランパンの香りはいい意味で消えます。

普通の食パンにジャムをつけるとカロリーが高いから、ブランパンで代用して少しでもカロリーを下げるのがいいと思います。

好みにもよりますが、ブランパンを単体で毎日食べ続けるのは厳しいかなぁと。

卵サラダを組み合わせた、ブランパンの卵サンドもおいしいです。

ローソンのブランパンの卵サンド

ダイエットは継続が大事ですからね。お好みでジャムやソーセージなどをはさんでアレンジしてみてください。

こちらの記事もおすすめ!